カチンコ Project|フリーランスの映画監督・助監督への緊急支援プロジェクト

カチンコ Project|フリーランスの映画監督・助監督への緊急支援プロジェクト

カチンコ Project|フリーランスの映画監督・助監督への緊急支援プロジェクト

発起人 映画監督 三池崇史による「カチンコ Project」は、新型コロナウィルス感染症の影響により映像制作が困難となったフリーランスの映画監督・助監督を支援することを目的とした企画コンテストを6月5日より開催いたします。応募された企画は、日本映画業界を牽引してきた映画プロデューサーの審査により優秀企画賞等が選出され、賞金が贈られます。賞金総額は約2,000万円。今後はその支援の一貫として、応募された企画をリスト化し、新しい企画を求める製作者との橋渡しなど、映画化に向けた取り組みを支援していく予定です。

発起人 三池崇史から「同志であるフリーランスの監督・助監督」へ向けて

発起人 映画監督 三池崇史

「withコロナ」

感染の恐怖。
自粛社会の不安。
確かなことは、
「しばらくは、元の場所には戻れない」ということだ。
映画人も例外ではありません。

自粛要請を受け、撮影現場が停止し、
映画館も従来のような興行が行えず。
活動再開に向けて手探りはしてみるものの、
その指先に触れるものはなにもない。
大きな船に乗る者はともかく、
ひとり裸で泳ぐ者にとってはなす術なし。
いやしかし、
このまま黙って沈むわけにはいかない。
泳ごう。
なんとか進もう。
でも、どっちへ・・・

あしたの映画のための企画発掘プロジェクトが始動します。
題して、『カチンコ Project』。
〜今、私はこんな映画を撮りたい!〜
細く、荒れた道ではありますが、
その先にどのような花を咲かせるかはあなた次第です。
奮ってご応募ください。

三池崇史

リスト化して映画化に向け支援を検討していきますが、企画書のアイディアを本事務局が賞金で買い取るものではありません。
あくまでもそのアイディアは応募されたあなたのものです。
したがって応募者が、受賞後企画を自身で推進することは何ら問題ありません。
惜しくも受賞されなかった方も同じです。

コンテスト概要

賞金 最優秀企画賞 200万円(1本)
優秀企画賞 100万円(18本程度)
応募対象者 フリーランスの映画監督、助監督など
・現役のフリーランスの映画監督
・現役のフリーランスの助監督(見習い含む)
応募内容 「今、あなたが撮りたい映画」の企画書
応募期間 2020年6月5日〜6月30日
応募方法 指定の応募フォームより以下の情報をご記載ください。
  • ・応募者情報(氏名、年齢、メールアドレス、略歴、作品歴)
  • ・企画書
    • タイトル:50文字以内
    • 概要:300文字以内
    • 分類:
    • ①オリジナル企画
    • ②パブリックドメインの原作を基にした企画
    • ③著作権を既に取得している原作を基にした企画
    • 登場人物表
    • 内容:4,000文字程度
今後の展開 応募頂いた企画書は、本事務局にてリスト化し、本事務局と契約を結んだ製作関係者と共有することをご了承ください。一般の不特定多数者に公開することはございません。
協賛 日本たばこ産業株式会社

審査員(50音順)

日本映画業界を牽引してきた映画プロデューサーにより審査が行われます。
  • 上原 寿一
    (フジテレビジョン)
    『暗殺教室』
    『マスカレード・ホテル』
    『土竜の唄』シリーズ
  • 臼井 央
    (東宝)
    『君の膵臓をたべたい』
    『検察側の罪人』
    『悪の教典』
  • 紀伊 宗之
    (東映)
    『孤狼の血』
    『犬鳴村』
    『初恋』
  • 北島 直明
    (日本テレビ放送網)
    『ちはやふる』シリーズ
    『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』
    『藁の楯 わらのたて』
  • 小岩井 宏悦
    (ワーナーブラザースジャパン)
    『るろうに剣心』シリーズ
    『最高の人生の見つけ方』
    『無限の住人』
※審査過程は非公開とさせていただきます。

今後の展開
「映画監督と製作者との橋渡し」

コロナ禍以前からも日本映画業界の課題として、若手監督が製作の決定権を持つプロデューサーと出会う機会が少ない、という状況がありました。この結果として、海外映画業界に比べると、日本では若手監督の起用が少ないという実状が見えています。

本プロジェクトでは今後の継続した支援として、企画をリスト化し映画化に向けて映画業界プロデューサーらとの橋渡しの機会を創出し、映画化の実現に向けた取り組みを行っていきます。

つきまして、応募頂いた企画書は、本事務局にて企画概要をリスト化し、本事務局と契約を結んだ製作関係者と共有することをご了承ください。一般の不特定多数者に公開することはございません。

応募と選考の流れ

ステップ1
登録
期間:2020年6月5日〜20日(終了)
登録フォームを使用の上、登録してください。
登録後に、自動返信メールにて
応募用紙(PDF)と応募フォームのURLをお送りいたします。
ステップ2
応募
期間:2020年6月5日〜30日
応募フォームを使用の上、応募してください。
ステップ3
審査
7月中に審査を行います。
ステップ4
発表
発表日:2020年8月上旬
ウェブサイトにて発表を行います。
発表内容:受賞企画タイトル、受賞者氏名

発起人 監督 三池崇史について

大阪府八尾市出身。横浜放送映画専門学院(元 日本映画学校)を卒業。ジャンルを問わず精力的に映画制作を続け作品本数は100本を数える。描く映像世界は海外からも高い評価を受けており、ヴェネチア国際映画祭「十三人の刺客」(10)、カンヌ国際映画祭「一命」(11)、「藁の楯 わらのたて」(13)それぞれコンペティション部門に選出。近年の代表作に、「クローズZERO」シリーズ(07、09)、「悪の教典」(12)、「土竜の唄」シリーズ(14、16)、「無限の住人」(17)、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(17)、「ラプラスの魔女」(18)、「初恋」(20)などがある。
Share
協賛:JT